PAGE TOP

コスプレ酒場不思議亭(非公式サイト)と芸能人の噂について

カーナビってあると便利ですよね。しかし、本当に使いこなしている人って何人くらいいるのでしょうか?
TOPPAGE

カーナビゲーションで道案内

カーナビゲーションとは、電子的に自動車の現在位置や目的地への経路案内をする機能を備えた機器を指します。

いわゆる電子機器のことで、自動車に搭載される情報機器の一種になります。

多くの車には標準でカーナビゲーションが搭載されており、カーライフを楽しむための今や必須の道具として定着しています。

簡単に言うと、道順案内などを行って運転者を支援するシステムがカーナビゲーションになりますが、そこには様々な機能が搭載されています。

地図データや施設情報のデータを内蔵しているだけでなく、周辺施設なども情報検索できます。

また、地図上に表示できるのでGPSなどで現在位置を割り出すことも可能です。

そしてほとんどのカーナビゲーションにはテレビやラジオ、CD、DVD再生機能が組み込まれています。

かつて主流だったカーナビゲーションシステムはDVDナビでした。

これは地図データなどの記憶媒体にDVDを利用したもので、内容が古くなったら新しいディスクと交換して最新の情報を得ます。

最近の主流はHDDナビであり、ハードディスクに地図データが記憶されています。

通信機能などで外部からデータを更新できるので便利です。

カーナビを選ぶ時の注意点

カーナビを選ぶ時の注意点は、値段はピンキリなので事前に欲しい機能と予算を決めておくことが大事です。

自分にとってどんなカーナビがふさわしいのか、その観点から予算の範囲をしっかり決めていく必要があります。

数多くのカーナビから検討したいのなら、いくつかのカー用品店を当たるとよいでしょう。

カー用品店では実際に触って選ぶことができるので、納得のいくカーナビに出会える可能性が高いです。

カーナビにはDVDやテレビ、オーディオなど様々な機能を備えていますが、そうしたオプションは特に求めない人も中にはいるでしょう。

カーナビに多くのオプション機能がつくと値段が高くなり、機能を使いこなせない場合、宝の持ち腐れになってしまいます。

そうした失敗をしないようにするには、自分のカーライフを振りかえることが大事です。

仕事で車をよく使っていて長距離移動が多いような場合はナビゲーション機能が充実した物が必要ですが、あまり車に乗らない人はそこまで充実した機能は不要です。

カーナビを選ぶ時は、値段と機能をしっかり考慮しながら、自分の車種に対応した物を探しましょう。

カーナビで変な道に行ってしまうのは何故?

カーナビで変な道に行ってしまうことがよくあります。

それは何故かというと性能の差によります。

古いバージョンだと幹線や道幅を優先したりするので、期待しているルートとは違った選択をすることがあります。

しかしカーナビで変な道に行ってしまうのは、必ずしも性能の良し悪しだけでは判断できません。

どの道が最良かはそれぞれで考え方が違うからです。

自分にとって最良の道をカーナビが示してくれるとは限りません。

色んなメーカーカーナビがありますが、それぞれの検索結果には癖があります。

それぞれで違うルートが出るということは、カーナビによって案内する道が異なるということです。

カーナビとうのはよくよく考えてみると目的地に導く機械ではなく、現在位置を教えてくれるだけのものなのです。

そう考えると、カーナビで変な道に行ってしまったとしても、だまされて遠回りするのも面白いと言えます。

最終的には人間のほうが賢いわけで、結局、カーナビを使いこなす賢さがないとカーナビの奴隷になるだけになります。

カーナビはあくまで現在地の把握のために利用すべきです。

変な道に行くのが嫌なら、ルートの検討は事前に調べておくことです。

カーナビが壊れた時はどうするのがよいか?

カーナビが壊れた時はどうするのがよいのでしょう。

便利なカーナビが壊れてしまったら修理はどこに依頼すればいいのか迷ってしまいます。

カーナビが壊れた時は作動しない原因が車のバッテリーにあることが多いので、まずガソリンスタンドに行ってバッテリーの電圧を調べてもらいます。

バッテリーの電圧が低ければ、充電で正常に起動することがあります。

それでもカーナビが起動しない時はメーカーに修理依頼します。

メーカーの修理費用は5千円〜5万円くらいです。

カー用品店での修理は工賃の設定があいまいなので、修理費用を安く済ませたいなら複数のお店で修理費用を見積もってもらうことです。

カーナビが壊れたと一口に言ってもメーカーや修理箇所でその金額は随分と変わってきます。

単にCDが再生されない場合は7千円〜1万6千円くらいで、電源が入らない場合は9千円〜1万3千円くらいになります。

CD再生不良の場合は1万8千円くらいですが、オーバーホールでチューンアップしなくてはならない時は4万5千円くらいかかることになります。

いずれにせよ修理の見積もりをいくつかで取って比較してから、一番修理費用が安いところで修理してもらいましょう。