PAGE TOP

コスプレ酒場不思議亭(非公式サイト)と芸能人の噂について

私はアサヒスーパードライが好きなんです。カフェに行っても飲み屋に行っても飲みたいくらいです。
TOPPAGE

アサヒスーパードライが人気な理由

アサヒビールの主要ブランドであり、非常に人気が高いビールとして「アサヒスーパードライ」があります。

スーパードライはなぜこのような人気があるのでしょうか?アサヒスーパードライが販売を開始したのは、1987年ですが、30年近い年月を経っても愛される理由には、やはりスーパードライだからこそのキレがあるシャープな味わいにあるのではないでしょうか?日本初の辛口生ビールとして登場したスーパードライは、飽きない美味しさがあります。

アサヒスーパードライの美味しさを支えているのは良質なビール酵母です。

発酵力が高い良質なビール酵母を使うことで、変わらない味わいを作り出していますが、この酵母を管理する技術には最新の高度な酵母管理技術が使われているんです。

変わらないスーパードライの辛口のうま味を残しながらも、実は以前に比べるとキレやキメの細かい泡などは約1割向上しているといいます。

30年という歳月をただ過ごしているのではなく、そこには進化を遂げていくスーパードライの姿があります。

この姿こそ、スーパードライの人気が衰えない理由になっているのかもしれませんね。

クリアアサヒが好まれる理由

アサヒビールの商品の中でも、人気が高い商品の一つに「クリアアサヒ」があります。

このクリアアサヒが好まれる理由というのはどこにあるのでしょうか?もともとアサヒビールにはトップブランドとしてスーパードライがあり、ビール好きの間では圧倒的なシェアが合ったものの、第三のビールのジャンルではライバル社に大きく引き離されるという状況にありました。

スーパードライだけに頼るアサヒビールの体質を変換する。

ということでさまざまなマーケティング戦略を練られたのがクリアアサヒだったんです。

中身と外見と二つの開発チームを作り、徹底的に中身をつくるチームと、徹底的にパッケージ・そして広告や販促を行うチームに分けて見た目からも消費者にアピールできる商品づくりを行ってきたんです。

よりビールを感じる事が出来るパッケージデザイン、そして他の第三のビールとの飲み比べなどを経て、クリアアサヒは市場に投入されていきます。

麦芽を原料に使い、よりビールに似た味わいを追及したクリアアサヒは、第三のビールとして消費者にうまく伝わり、好まれるようになったんです。

鳥井駒吉の生涯

アサヒビールの創業者である鳥井駒吉とはどのような生涯を過ごした人なのでしょうか?1853年に米穀商を営む商店の次男として生まれた駒吉は、1870年に父が亡くなったことで家業を受け継ぐことになります。

早くして長男が無くなり、駒吉が当主となり、父が存命中に行っていた事業の後始末を行いながらも、酒造業を盤石のものにしていきます。

1879年には26歳の若さで堺酒造組合の初代組長に就任し、1883年には精米会社、1886年には酒造改良試験所、1887年には共同醸造所を設立し、1888年にはバルセロナ万国博覧会に瓶詰の清酒を始めて出品し、日本酒の輸出の道を開いています。

1889年に大阪麦酒会社、つまりアサヒビールの元になる会社を設立しています。

大阪麦酒会社の設立の後も、実は酒造業界で活躍し、1893年には全国酒造組合連合会が結成されて大阪府代表の日とチロシて酸化、1896年には全国酒造組合連合会の副会長を務めています。

1906年、大阪麦酒は創業17年目に日本麦酒、札幌麦酒と合併して大日本麦酒を誕生させます。

ですが、その3年後享年57歳でなくなっています。

アサヒビールの会社概要

東京スカイツリーに行くと、その足元に金色の泡を屋上にいただく社屋を見ることが出来ます。

この社屋がアサヒビール株式会社の本拠地であり、アサヒブループホールディンクスの本社になっています。

アサヒビールはその中でビール、発泡酒、焼酎、チューハイ、洋酒、ワインといった酒類を製造・販売を行っている会社になります。

アサヒビールは明治22年(1889年)に大阪麦酒会社を設立し、日本初のびん入り生ビール「アサヒ生ビール」を1900年に発売しています。

その後日本初の缶ビール「アサヒビール」を1958年に発売、日本初のアルミ缶入りビールを1971年に発売するなど、日本初の商品を作り続けてきました。

1987年には現在のアサヒビールの看板商品でもある日本初の辛口生ビール「アサヒシーパードライ」を発売、2008年には人気発泡酒「クリアアサヒ」を発売するなど、革新的なビールを作り続けているビール会社として人気があります。

2014年にはワールドビアカップにおいてアサヒビールはゴールドメダルを獲得するなど、世界にも認められるビールを作り続けています。